海藻成分が役に立つ

薬で治療する

ガンにかかる人は2人に1人、そしてガンで亡くなる人は3人に1人と非常に身近で怖い病気です。 ガンの種類は29種類あり体中すべてのガンがあります。 このガンの治療方法にはガンの部位や進行具合によって手術療法、薬物療法、放射線療法などが行われます。 昔は手術療法が最も多い治療方法でしたが、最近は薬物療法や放射線療法の進歩によって治療方法が分散してきている傾向にあります。 そして最近は手術療法、薬物療法、放射線療法以外の療法も登場しています。 その方法は漢方薬・温熱療法・理学療法・フコイダン療法です。 いずれの療法副作用がなく治療の辛さが軽減され、ガンの治療のみならず免疫力の向上などの効果も期待できる療法となります。

フコイダン療法は、フコイダンのサプリメントを摂取するという方法です。 フコイダンはワカメや昆布、もずく、メカブなどの海藻のヌメり成分の1つで、ガン細胞を自殺に導くアポトーシス誘導作用や免疫力増強作用、血管新生抑制作用などがあることが様々な研究で分かっています。 フコイダン療法は早期ガンに特に効果的で、中期や末期の状態でも他の療法と組み合わせて行うことで進行を遅らせ、副作用を和らげる効果があると言われています。フコイダンサプリメントはインターネットやドラッグストアなどで手軽に購入できます。 フコイダン療法はこのようなガンの治療以外にも糖尿病や胃潰瘍、抗ウイルス作用、老化予防、保湿、美肌などにも効果があると言われています。